How to be your own doctor

アロマ&ハーブ、ボディワーク、アトピー性皮膚炎の情報など

姿勢と骨盤

昨日の姿勢を矯正するコツで、ひとつ忘れていたことがありました。それはズバリ・・・「骨盤」です!わたしはいつも、太極拳の先生に、「骨盤立てて、手抜きしないで!」と注意されています。先生きびしいんです・・・ 正しい姿勢には、骨盤を立てることが大…

太極拳で変わる姿勢とかみ合わせ

最近、腰と脚の付け根が痛くて困っていたのですが、太極拳に行って2時間みっちり練習したら、サクッと治りました。 太極拳、すごいな・・・!ありがとう中国の叡智。 腰痛と脚の付け根の痛みは、システマで歩き方を見てもらってから、気をつけて歩くように…

暦と日本の科学、あと愛国心など

2エントリ前の占星術ネタの続き。 占星術は天文学に含まれていたわけですが、天文にもいろいろあります。 歴史的には、天文学の学問領域は位置天文学や天測航法また観測天文学や暦法などと同じく多様なものだが、近年では天文学の専門家とはしばしば天体物…

幻想の宝石少女たち

人と同じ見かけながら、実は植物や昆虫、彗星、貝殻だったり。そんな不可思議で魅力的なキャラクターたちを、幻想的かつキュートに描く、市川春子の新刊が出ていました。うれしいな~ 宝石の国(2) (アフタヌーンKC) 作者: 市川春子 出版社/メーカー: 講談社 …

必須教養であり科学だった占星術

ハーブ療法と占星術のコラボで人気のニコラス・カルペパー。現代から見るといかにもうさんくさいですが、占星術って、昔はどんな存在だったんでしょうか? 「ナルニア国物語」の作家で、中世文化を研究していたC・S・ルイスが、「現代人の常識で、昔の人たち…

ネガティブ思考から抜け出すための「認知行動療法」

ふだんあまりテレビを見ないんですが。土曜日にいろいろ面白い番組がやっていたので、ちょっとずつご紹介。 九州のローカル健康番組「とっても健康ランド」で、摂食障害を取り扱っていました。過食や拒食などの摂食障害は、精神疾患の中で一番死亡率が高いん…

「受験に勝つ!カラダとココロのつくり方」は大人にも役立ちます

占星術の歴史の話を書こうと思っていたんですが、NHK「テストの花道」で「受験に勝つ!カラダとココロのつくり方」をやっていて、とてもよかったのでご紹介します。 「テストの花道」は受験生向けの勉強のコツやテクニック、自己管理方法の番組なんですが、…

ニコラス・カルペパーと当時の医者と薬剤師たち

ひさしぶりに、ハーブの歴史の話でもしましょう。ジョン・ジェラード、ジョン・パーキンソンと書いたので、アロマテラピー検定に出てくるハーバリストは、あとニコラス・カルペパー(Nicholas Culpeper 、1616 – 1654) ですね。 日本語の情報がほとんどなか…

アトピー・敏感肌のためのシャンプー講座

本日は、シャンプーについて。頭皮はトラブルが起きやすいので、どんなシャンプーがいいのか、どういう風に頭を洗えばいいのかいろいろ疑問もあると思います。 まず、洗う順番ですね。シャンプーは体を洗う石けんより洗浄力が強いので、体を洗う前に頭を洗っ…

エッグノッグと卵とジェイミー・オリヴァー

冬にぴったりなホットビール、卵黄をいれたエッグノッグ風のレシピもあるみたい。エッグノックは、ウィキペディア先生によるとこんなものです。日本ではあんまりないですね。 エッグノッグは、牛乳ベースの甘い飲み物である。 牛乳、クリーム、砂糖、溶き卵…

寒い日はビールも熱燗で

風邪をひきました・・・ 飲み残しのビールがあったんですが、そのまま飲んだら冷えること間違いなし。こんなときは、ホットビールですね!作り方はキリンのホームぺージでも紹介されています。 キリンおうちで ホットスタウトの作り方 出典:www.kirin.co.jp…

ふわふわハーブマンガ

本屋さんで見つけたハーブマンガ。 草恋―kusakoi―(1) (ポラリスCOMICS) 作者: 鷲尾美枝 出版社/メーカー: ほるぷ出版 発売日: 2013/12/14 メディア: コミック この商品を含むブログを見る ハーブショップで働く蓮花は、ただいまハーブの勉強中! 失敗したり、…

アトピー・敏感肌のための保湿案内

冬ですね。職場がオーストラリア並に乾燥しているので、体調によってはカサカサして困ってしまいます。 今日はおすすめの保湿などご紹介。 まずは、皮膚科でもらうヒルドイドソフト軟膏。ヘパリン疑似物質が入っており、しっかり保湿できます。最近の皮膚科…

ボリジ入りブレンドティー

ボリジは、名前は聞き覚えがあるけど、日本で目にすることの少ないハーブです。ジョン・ジェラードは、 ディオスコリデスやプリニウスが断言しているように、この葉や花をワインに浸して飲めば、人々は愉快になり、あらゆる悲しみや憂鬱を忘れられる。 と言…

中央アジアの乙嫁、ついでにお茶の話

「乙嫁語り」の新刊が出ていいました!表紙のアミルさん、民族衣装がかわいいなぁ。赤い刺繍のはいった民族衣裳っていいですね~ 乙嫁語り 6巻 (ビームコミックス) 作者: 森薫 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン 発売日: 2014/01/14 メディア: コ…

低血圧に効く!EXダンス体操

だるかったり気分がさえなかったり、仕事に支障が出たりと、本人は大変なのに、あまり大変さを理解してもらえない低血圧。高血圧とちがって、即命にかかわるわけではありませんが、生活の質にはすっごく響きます。 そして命にかかわらないからか、低血圧の効…

薬と毒は同じもの

昨日のアドラーのエントリを書きつつ思ったことなど。 「自己啓発」というと、どうしてもうさんくさイメージだと思います。でも「自己啓発」のノウハウは、気持ちを切り替えたり、視点を変えたりするのに、とても役に立ちます。 でも、薬はいつだって、毒に…

過去じゃなくて今だとアドラーは言う

日本ではあまりメジャーではない心理学者、アルフレッド・アドラーを紹介するおもしろい記事があったのでご紹介です。 欧米ではフロイト、ユングと並び「心理学界の三大巨頭」と称されているそうですが、わたしも人に教えてもらうまで、聞いたことがありませ…

敏感肌やアトピーにおすすめの化粧水

「アトピー 化粧水」で調べて、「アトピー治療中の化粧水はどんなのがいいの?」のエントリにきてくださる方が多いようなので、今日は化粧水について。 皮膚科で塗り薬をもらっているときは、薬の効き目を邪魔しないように、シンプルな保湿のみの化粧水を使…

ハーブと香りの歴史を知りたい方に!永岡治『クレオパトラも愛したハーブの物語 魅惑の香草と人間の5000年』

投稿したけど、なぜか半分消えてしまったので、再エントリです。なぜ消えてしまったんだ・・・ 今日は、アロマテラピー検定で、ハーブの歴史に興味をもった方にオススメの本をご紹介。とても充実した内容なのに、なぜか全く知られていない本です。 クレオパ…

ジョン・パーキンソンの植物収集と庭園と友人たち

アロマテラピー検定に出てくるハーバリスト、ジョン・パーキンソンについてです。パーキンソンについては、だいたい今回で最後かな。 ちなみに彼はカトリックで王党派です。この時代のイギリスは、カトリックとプロテスタントがヨーロッパで激しくせめぎ合っ…

ジョン・パーキンソン著『広範囲の本草学書』

お待たせしました!今日は、アロマテラピー検定に出てくる3人のハーバリストのうちの一人、ジョン・パーキンソン(John Parkinson)の本草書『Theatrum Botanicum(広範囲の本草学書)』についてです。 検定の勉強をしようにも、ジョン・ジェラードとジョン…

名前の表記も色々です

アロマテラピー検定に出てくるハーバリストのジョン・ジェラード、ジョンパーキンソン、どちらの著作にも取り入れられている植物学者マティアス・デ・ロベルですが、英語版ウィキペディアでは、Mathias de l'Obel、 Mathias de Lobel 、Matthaeus Lobeliusと…

ジョン・パーキンソン著『日のあたる楽園、地上の楽園』補足

パーキンソンの美しい園芸書『日のあたる楽園、地上の楽園(Paradisi in Sole Paradisus Terrestris)』の補足情報です。『広範囲の本草学書』また後日! A Garden of Pleasant Flowers: Being Description of the Most Familiar Garden Flowers Taken from …

サンタ・マリア・ノヴェッラの香水

連休中にバーゲンをのぞいたら、デパートのアロマや自然化粧品のコーナーこれがありました。 【Santa Maria Novella(サンタマリアノヴェッラ )】オーデコロン サンタ・マリア・ノヴェッラ 100ml 香水 Santa Maria ... 出版社/メーカー: 【Santa Maria Novell…

「繊維筋痛症のためのハーブ」の記事の紹介

「繊維筋痛症(せんいきんつうしょう)のためのハーブ」という英語のまとめ記事がありました。必要な方が多い情報だと思いますので、掲載しておきます。ジョン・パーキンソンの記事の続きは、来週アップできるといいな~ Herbs For Fibromyalgia(繊維筋痛症…

ハーブを性質で分類すること

「イギリスのハーバリストの先駆け ウィリアム・ターナー」に、ターナーがハーブを「乾性・熱性・湿性・冷性」の度合いによって分類したことについて加筆しました。書き忘れてた。 この分類は西洋の伝統医療の考え方なんですが、日本ではほとんど知られてい…

ジョン・パーキンソン著『日のあたる楽園、地上の楽園』

今日は、アロマテラピー検定に出てくるイギリスのハーバリスト、ジョン・パーキンソンの代表作から、「Paradisi in Sole Paradisus Terrestris(日のあたる楽園、地上の楽園)」についてです。残念ながら、日本語版はありません。 ちなみに、もう一冊の代表…

イギリスのハーバリスト ジョン・パーキンソン

アロマテラピー検定でピックアップされている16世紀ごろのハーバリストは、ジョン・ジェラード、ジョン・パーキンソン、ニコラス・カルペパーの3人です。全員イギリス人ですね。なぜイギリス人だけが検定の内容に選ばれたのか?という話はまた今度。 この…

ジョン・ジェラードとトーマス・ジョンソン

昨日の続き。 イギリスのハーバリスト、ジョン・ジェラード(John Gerard)の本草書『the Herbal , or General Historie of Plants(本草あるいは一般の植物誌)』は、最初の1597年版は誤記が多かったため、多くの批判を受けました。 先行研究をまとめ、1,80…

イギリスのハーバリスト ジョン・ジェラード

アロマテラピー検定1級に出てくるハーバリスト、ふたりのジョンのうち、本日はジョン・ジェラード(1545 - 1612)についてです。英語版Wikipedeiaをベースに色々参照。 ジョン・ジェラードは、イギリスの外科医・植物学者・ハーバリストです。1597年の著書…

イギリスのハーバリストの先駆け ウィリアム・ターナー

ウィリアム・ターナー(William Turner)で検索すると、ほとんど画家のジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの情報しか出てきませんが(ターナーの絵はいいですね!)、今日はイギリスのメディカル・ハーブ事典(本草書)出版ブームの先駆けになった、…

イギリスのメディカル・ハーブ事典出版ブーム前夜

本日は、アロマテラピー検定に出てくるジョン・ジェラード、ジョン・パーキンソン、ニコラス・カルペパー達ハーバリストによる、イギリスのメディカル・ハーブ事典(本草書)出版ブーム・・・の前の話です。 なぜ、本草書があんなに流行したのか?どうして必…

胃にやさしい料理

お正月がおわりました。ようやくごちそうも終わりです。 年末年始は、消化器系が弱い人にとっては楽しくも厄介なイベントですね。ご苦労様でした~ それでは、本日は胃にやさしいごはんなどご紹介。 メディカルハーブというと、お店で買うハーブティーを思い…

胃にやさしいメスマーのブレンドティー

ドイツのブレンド ハーブティーの感想。 メスマー ハーブミックスティー 25p 出版社/メーカー: mesmer(メスマー) メディア: その他 この商品を含むブログを見る ハーブ療法が 盛んなドイツ・メスマー社のハーブティーです。わたしはもうちょっと高い値段で…

ドイツのメディカル・ハーブ事典出版ブームの話

しばらく、ヨーロッパのメディカル・ハーブ事典ブームの歴史のお話です。 ヨーロッパでは、本草書(メディカル・ハーブ事典)といえば、長い間ディオスコリデスの『 Περὶ ὕλης ἰατρικής(De materia medica libriquinque、マテリア・メディカ、薬物誌)』で…

アロマテラピーの歴史って?

アロマテラピー検定では、「アロマテラピーの歴史」も勉強します。「アロマテラピーの歴史」として、色んな歴史がまぜこぜで出てくるんですが、大きく分けると以下になります。 薫香の歴史:宗教儀式として、香木をたいて香りをくゆらせるものと、クレオパト…

エアコンとアロマテラピー

不動産屋さんから聞いた話なのですが、たばこを吸う人やアロマテラピーをする人が住んでいた部屋は、エアコンが汚れていることが多いそうです。 タバコのヤニでエアコンが汚れるのはよく聞きますが、アロマテラピーもだったんですね。 油を使う料理をよくす…

入浴剤で冬の乾燥を防ごう

だいぶ寒くなってきましたね。肌の乾燥でお困りの方も多いのではないでしょうか?乾燥肌用のクリームもたくさん売られていますが、保湿だけでなく、乾燥を防ぐことも大切です。 水は溶かし込む力がとても強いので、入浴剤も何もいれない真水のお風呂に入ると…

アトピーにおすすめ「甜茶・シジウム・しそ茶」

ブログの閲覧者数が1000人を越えました!みなさまありがとうございます。 アトピーの知人から、「最近ちょっとひどいからおすすめのものがあったら教えて」と相談があったので、オーソドックスに甜茶ブレンドティーをプレゼント。 花粉症のシーズンオフ…

ハーバリストが主役の国産ファンタジー『時の竜と水の指輪』

アロマテラピー検定の勉強をしていて、子供のころ読んだ物語を思い出しました。 ハーブを使った治療を行う薬師・ハーバリストの少女が主役の国産ファンタジー、樹川さとみ『時の竜と水の指輪』です。 「オオバコと、ニガヨモギ・・・それとセイバリーー・・…

自律神経失調の治し方&ボディワークの記事まとめ

すっかり寒くなりましたね。 寝る前に湯たんぽで布団を温めておくと、すごく幸せな気持ちになります。わたしは70度くらいの湯を入れていますが、みなさんはどうしていますか? 会社の同僚が、100度のお湯を入れた湯たんぽで低温やけどし、皮膚移植の手…

アトピー性皮膚炎の記事まとめ

ちきりんさんの企画「伝えたいメッセージを文章にする」に参加したのですが、たくさんの方に読みに来ていただいているようでびっくり。 ありがとうございます! アロマテラピー検定の勉強をしていて思い出した、ハーバリスト(薬師)が主役の国産ファンタジ…

ハーブとポプリと赤毛のアン

平成26年度前期の連続テレビ小説は「花子とアン」に決定だそうです。ちょうど村岡花子さんのことを色々調べていたので、タイムリーでびっくりした。 翻訳家の村岡花子さんは、「赤毛のアン」「小公女」「秘密の花園」「リンバロストの乙女」といった児童書や…

アトピー治療中の化粧水はどんなのがいいの?

アトピーの話もした方がいいのでは?とのことで、今日はアトピー治療中の化粧水の選び方です。 ステロイド外用薬を使った治療の際の、保湿についてですね。 ステロイドを塗る前に化粧水で保湿をするわけですが、化粧水は病院でもらいません。 敏感肌用、自然…

「伝えたいメッセージを文章にする」の企画-食育セミナーに来ない人こそ

尊敬するブロガー・ちきりんさんのブログ「伝えたいメッセージを文章にする、ということ」でおもしろい企画があったので、今日はその参加エントリです。 ・いつもは行かない初めてのスーパーに入ったら、 ・価格が驚くほど高く、周りの客の服装もいつものス…

システマとリラックス

だいぶ間が空いてしまいました・・・ アロマテラピー検定を受けて歴史に興味がわき、香りとハーブの歴史を調べていました。卒論書けるくらいのデータを集めたので、ちょっとずつアップしていきますね。 システママッサージがなぜあんな内容なのか、ナイチン…

システママッサージの感想

ボディワークについてもうちょっと書こうと思っていましたが、珍しいマッサージを受けたので、その感想など。 ロシアの軍隊格闘術・システマの講習会を見学していたら、すみっこでシステママッサージをされていました。あまりに変わったマッサージなので、好…

アトピー改善におすすめボディワーク ヨガ③動画

ヨガの動画。ご覧になって興味がわいたら、ぜひやってみてください。 基本中の基本、太陽礼拝のポーズ。これを毎日するだけでも、全然違います! 呼吸と動作を連動させたスタイルのヴィンヤサヨガ。わりとダイナミック。 英語ですが、初心者向けのすばらしい…

アトピー改善におすすめボディワーク ヨガ③おすすめのヨガ

ヨガにはいろいろな種類があります。自律神経失調症や、アトピーの改善におすすめのヨガをご紹介! ヨガにはハリウッド系の筋肉を鍛えるスポーツ系のもの、インドの修行系のもの、動きが少なく瞑想が中心のものといろいろありますが、陰ヨガやリストラティブ…