読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How to be your own doctor

アロマ&ハーブ、ボディワーク、アトピー性皮膚炎の情報など

amazonの電子書籍端末Kindle Paperwhiteを購入しました

ちきりんさんのブログがきっかけで、amazon電子書籍端末Kindle Paperwhiteを購入しました。白黒表示だけの、テキスト用端末です。

 ↓ちきりんさんが、Kindleのみで発売した本、表紙も手作りです。

「Chikirinの日記」の育て方

「Chikirinの日記」の育て方

 

Kindle Paperwhiteがあれば、重い本を持ち歩かなくてもすむし、本棚を占領したりもしません(←読書家には死活問題っ)

字の大きさやフォントを好きに設定できるので、老眼の方にもおすすめ。画面が発行しないので、パソコンなどに比べて疲れにくいです。

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

 
Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)

Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)

 

下段の3Gの方は、wi-fiがなくてもdocomoの3G回線で本を購入できます。wi-fiがないのでこっちを購入しました。

タブレットKindle Paperwhiteでちょっと迷いましたが、軽いし、そもそも外で映像も見ないし、これで十分でした。

著作権が切れている古典作品も、Kindleには無料や格安でたくさんあります。端末を買わなくても、アプリを落とせばスマホでもタブレットでも読めます。

新約聖書旧約聖書が、文語・口語両方あるのはうれしい。比較して読むとおもしろいです。ジブリ映画の原案になった「風立ちむ」も、無料であります。

ジョン・ジェラードの本草書も、著作権が切れているので格安です。大著なので、リアルの本だと1万5千円以上するんですが、Kindleだと現在割引されていて、なんと500円。もちろん挿絵もあります。

Gerard's Herbal

Gerard's Herbal

 

amazon以外にも電子書籍をやっている会社はあるんですが、そっちは選択肢に上がりませんでした。電子書籍は会社が撤退してしまえば読めないので、 大手しか選べないし、amazonが一番攻めの姿勢なので、見ていておもしろいのです。本社がアメリカなので、洋書が充実していますしね!

もちろん、電子書籍にも致命的な欠陥があって、貸し借りができません。これはけっこう大きい。文化的にも大きい。人と貸し借りしたい本は、Kindleはやめたほうがいいですね。

よしもとばななさんの、健康についての対談集「Q健康って? (幻冬舎文庫)」がすばらしくて、妹に貸したいな、と思ったんですが、無理だった・・・Kindleだと、所有権が購入者にすべて移転しないんですね。買ったとは言っても、ほんとうは超長期レンタルなんです。買ったのに、お金払ったのに(涙)

でも、軽くて、手軽で、部屋を本に占領されない。すばらしく便利で、買ってよかったです。ただ、買いすぎないように注意しなきゃですね(笑)