読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How to be your own doctor

アロマ&ハーブ、ボディワーク、アトピー性皮膚炎の情報など

ハンガリーウォーターの歴史がわかる本(岩波文庫)

アロマとハーブの歴史(世界)

ハンガリーウォーターの起源を色々調べていましたが、とうとうまとまった信憑性のあるソースを見つけました!信じられる情報源、それは岩波文庫です。鉄壁。

西洋事物起原 (1) (岩波文庫)

西洋事物起原 (1) (岩波文庫)

 
西洋事物起原 (2) (岩波文庫)

西洋事物起原 (2) (岩波文庫)

 
西洋事物起原〈3〉 (岩波文庫)

西洋事物起原〈3〉 (岩波文庫)

 
西洋事物起原 (4) (岩波文庫)

西洋事物起原 (4) (岩波文庫)

 

ドイツの技術学の創始者,ヨハン・ベックマン(1739-1811)がまとめた,ヨーロッパの科学史・技術史の草分けともいうべき労作.科学的・技術的な発明や発見のみならず,病院,金融業,保険,新聞といった多岐にわたる事項について,由来や起原が記されている.(全4冊)

第2巻に、ハンガリーウォーターの項目がありました。かなり詳細に分析されていて、「ハンガリーウォータの起源は、何もわからない」ということがわかります。結局なにもわからってないじゃん!というご意見もあるでしょうが、STAP細胞の件じゃないですが、わからないことがわかる、どんなふうに誤解され、どんなふうに捏造されたかわかるというのも大事なので、この本見つけてうれしかったです。

内容はかなりおもしろい。色んなものがピックアップされて、詳細にクールに語られています。わたしと同じひねくれオーラを感じますね(笑)

ハンガリーウォーターの記事も、ハンガリー王妃に求婚した王族を、当時の歴史を洗って探そうとしたり、同じことしてらっしゃいました。そして結論が「商売人が箔づけに作った宣伝用の物語だろう」と、全く同じだったので爆笑してしまいました。今の時代の人だったら、ぜひ会いたかったな。

それにしても、ウィーン国立図書館にあるという、当時のハンガリーウォーターのレシピって嘘だったんですね。レシピの写し見たことあるんですが、あれはいったいなんだったんでしょう?

「続・ハンガリーウォータの起源」は、前後関係とか整理できたら、ここでかいつまんで紹介したいと思います。