読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How to be your own doctor

アロマ&ハーブ、ボディワーク、アトピー性皮膚炎の情報など

ハンガリーウォーターのレシピ

ハンガリーウォーターのウィキペディアのページを大幅に加筆しました。ヨーロッパでもあんまり記録がないみたいなので、これ以上調べるのは難しそう。香水好きで有名だったというシャルル5世に関するところは、全然わからなかったです。ラヴェンダーウォーターが好きだったことはわかったんですが、ハンガリーウォーターとのかかわりはさっぱりでした。残念!

ハンガリアンウォーター - Wikipedia

前のヴァージョンでは「最初はローズマリーとライムをアルコールに漬けて抽出していたが、~」

となっていて、これは英語版の訳らしいのですが、英語版は

The oldest surviving recipes call for distilling fresh rosemary (and possibly thyme ) with strong brandy ,~

「現存する最古のレシピでは、新鮮なローズマリー(そしておそらくタイムも)を強いブランデーで蒸留した」

ローズマリーとライムじゃなくてタイムでした。ローズマリーとタイムだと、すっきりした強い香りで、やっぱりお薬だったんだなぁと思います。胃や虚弱体質によさそうです。

香水研究家Nancy M. Booth氏は、現代向けの香水のレシピとして、レモンピールかオレンジピール、オレンジフラワーウォーター、グリセリン、ウォッカ、レモン・ベルガモットローズマリー精油、細かくしたペパーミントの葉をあげています。

作り方はわからないんですが、想像すると、①ハーブをウォッカに漬けて、十分抽出できたら蒸留する。②精油グリセリンに入れて湯煎にかけ、乳化したら①に加える。これにオレンジフラワーウォーターを加えて混ぜる、という感じだと思います。

これはきっと、いい香りでしょうね~

Perfumes, Splashes & Colognes: Discovering and Crafting Your Personal Fragrances

Perfumes, Splashes & Colognes: Discovering and Crafting Your Personal Fragrances