読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How to be your own doctor

アロマ&ハーブ、ボディワーク、アトピー性皮膚炎の情報など

耳のアトピーは耳鼻科、皮膚科どっち?

あたたかくなってきましたね。歩いていると暑い時もあるくらい。

こういう季節の変わり目は、アトピーが悪化しやすいので、気をつけてくださいね。清潔な濡れタオルでこまめに汗を拭きましょう!

 

それでは今日のテーマ、耳のアトピーの話です。

人間の病院は耳は耳鼻科、皮膚は皮膚科とすみ分けていますが、身体は天然のもので、すみわけがあるわけではありません。

なので、アトピーがあれば、耳の中にだって症状はでます。国境があるわけじゃないですからね。ですが、お医者さんの方は国境(のようなもの)があるので、耳の中のアトピーの治療は、むずかしい話になります。

耳鼻科と皮膚科、どっちが見てくれるかというと、わたしの経験上、なんと、どっちもみてくれません・・・

皮膚科は、耳の中なんて耳鼻科のテリトリーだし、責任とれないというスタンス。

耳鼻科は、アトピーなんて言われても専門外だし、クリーム状の薬をめん棒で塗ると、耳の奥に入って危険だから、急性の症状にしか出したくない、という感じ。外耳炎や中耳炎になればお薬もらえますが、日常用はないですね。

わたしも長い間困っていて、あるときたまたま入った耳鼻科で、思い切って先生に聞いてみました。

アトピーなので痒みがあることも多いし、悪化し始めたときに塗る薬がほしいんですが・・・」

「そういった薬はないですねー」

がっかり。

「でも、薬局の薬で、使えるものがありますよ。ステロイド入りの、液状のムヒです」

えー、ムヒですか??

「ムヒじゃなくても、液状の虫刺されの薬で、ステロイド入りのものが使えます。クリーム状のものはダメです。ただし、強い薬なので、塗るのは耳の入口までにすること。しばらく使っても効果がない場合、耳鼻科に行くこと。塗るときは綿棒を使って、左右同じものを使いまわさないこと。」

ということでした。幸せの青い鳥じゃないですが、身近なところに解決策があった。

後から知ったんですが、その先生はファンサイトがあるほど人気の名医でした。答えてもらえないだろうなーと思いながら聞いたんですが、いろいろ教えていただいてありがたかったです。

 

以前は2、3か月に1回くらい症状の悪化で耳鼻科に行っていましたが、ムヒを使うようになってから、ほとんど行かなくなりました。すごいなムヒ・・・あっけなさ過ぎてこわいくらい、さっぱり解決しました。悪化し初めに、1~3日くらい使うと、症状が治まって、今ではほとんど悪化することもなくなりました。

 

一応、虫刺されの時に使う分とはわけて、耳内専用にしています。近江兄弟社の方が安いので、ムヒじゃなくてこっちを使っています。中身はほぼ一緒。

【指定第2類医薬品】近江兄弟社メンターム ペンソールSP 55mL

【指定第2類医薬品】近江兄弟社メンターム ペンソールSP 55mL

 

耳内のアトピーに試す方は、強い薬ですので、注意して、お医者さんに確認してからにしてください。よろしくお願いします。