読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How to be your own doctor

アロマ&ハーブ、ボディワーク、アトピー性皮膚炎の情報など

アトピーと自律神経

自律神経 アトピー性皮膚炎 自律神経失調症 体のゆがみ 呼吸 ゆるめる 緊張

アトピー性皮膚炎の方は、肌の炎症だけを治しても、「アトピーを悪化させ、悪い状態をキープもの」を取り除かないと、また再発してしまう可能性があります(自然治癒も、もちろんありえます。癌にも稀に自然治癒があるくらいですから)。

長年自分自身のアトピー対策でいろいろ研究したり、他のアトピー患者さんを見たりしていて感じたのは、

「アトピーの方は、呼吸が浅く、からだが硬く、頭に血が上りやすい。自律神経系が乱れている」

ということです。

古くは、臨床免疫学の大御所・矢田純一氏の「アレルギーの話 (岩波新書)」(1985年)にも、アトピーと自律神経系の関係についてちらっと言及がありますので、自律神経の乱れがアトピーの悪化要因だという認識は、古くからあったみたいです。自律神経系が安定すれば、アレルギーが出にくくなり、アレルゲンに対する感受性を下げることができる、というのが、私が長年の試行錯誤で得た結論です。

同じ考えの方はいないかなーと思ってネットでも調べてみましたが、自律神経系を正常にすることで、アトピーが軽くなる、という考えで治療をされているお医者さん整体師さんも、ちらほらいらっしゃるみたいです。書籍でも、岩崎靖雄「心身症の治し方がわかる本」や安田譲「[イラスト図解]かんたん自律神経健康法」でアトピーが扱われていました。あとちょっと驚きですが、 2ちゃんねるでも、「自律神経失調症とアトピーの関係」というスレが立っていました(スレ主とお話ししてみたい)。

交感神経優位の状態を避けるために、自分でできる効果的なリラックス法も、いろいろ存在します。そして、自律神経の不調は、からだが歪んだり緊張したりすると起こりやすくなります。ですので、

①頭に血が上った時、リラックス状態に自分で切り替えるテクニックを身につける

②普段から緊張状態のからだをゆるめて、興奮しにくい体質に改善する

というのが、いいやり方じゃないかなと思います。ものすごくお金持ちなら、家におかかえマッサージ師や整体師を住まわせて、好きな時に施術してもらう、なんてこともできますが、セレブかマハラジャでないとちょっとむずかしいと思います(笑)。日常生活を快適に送るためにも、自分で調整する方法を身につけましょう!

あと、強すぎる指圧などは逆効果なので、注意が必要です。

また、肩こりに効くのは「全身運動」だといわれていますが、アトピーの改善も同じように、部分ではなく全身へのアプローチが有効です。整体やマッサージなどで治療する場合、時間がかかってもちゃんとした先生を探してください。根気あるのみです。

最後に補足。サイトを作成でいろいろ検索していて、「アトピーの悪化要因は自律神経系の乱れだ。だからステロイド外用薬はダメ」という意見があったのですが、これ、論理が飛躍していますのでご注意を・・・「アトピーの悪化要因は自律神経系の乱れだ」と「ステロイド外用薬はダメ」は「だから」でつなげるような因果関係はないですよ~。短絡思考にご用心!